通信制高校は自宅学習がメインなので登校日数が少ない!

こんにちは!札幌に住んでいる主婦のけいです。

全日制の高校は、毎日通学して6時間目までしっかりと学習するのが当たり前ですよね。しかし、通信制高校は基本が自宅学習になるので全日制と比較すると極端に通学日数が少なくなります。

ではどのように自宅学習をするのでしょうか。通信制高校の基本的な学習方法は、レポートの提出になります。自分で学習してレポートを作成し、そのレポートを学校に提出して添削指導を受けて再度学習。

合格をもらえたら次の勉強へとすすみ学習していくという流れになっています。そして、そのレポート枚数が一定になると単位を取得することができるのです。

通信制高校 スクーリング

このように毎日授業を受ける全日制高校とは、根本的な学習方法が違ってくるわけですが、通信制高校では、その分週に何回かある授業というのは非常に重要な時間になってきます。

なぜなら、スクーリングと呼ばれる通信制高校の授業は、直接先生から勉強を教えてもらえる機会でもあり、自宅学習をする中で分からなかったところなどを聞くチャンスでもあるからです。

通信制高校では、レポートを提出したり、スクーリングへ参加して単位を取得することが卒業するための条件になりますが、重要なのは、レポートとスクーリングだけではありません。学校なので、当然ながらテストがあります。

通信制高校のテストというのは、一般に単位認定試験と言われるもので、年に1回、または2回行われます。ただ、単位認定試験は60点が合格ラインとなっているようなので、それほど難しいものではないかもしれません。

いろいろ調べているうちに札幌にはどんな通信制高校があるのか興味がわきネットで調べていたら、札幌に住む皆さんにお届けする通信制高校総合情報サイト、といういうサイトを見つけました。

札幌の通信制高校に関する情報から、札幌にあるすべての通信制高校を網羅している凄いサイトです!札幌市で通信制高校を探している方にはとても参考になると思います。息子が通信制高校を選ぶことになったら是非とも利用したいですね。