通信制高校は学費が安い

こんにちは!札幌に住んでいる主婦のけいです。

通信制高校にも公立と私立の二つがあります。

そして、公立と私立で学費は多少違ってきます。

公立の場合は、入学金が500円程度、授業料は年間で約1万から3万円程度、その他でかかる費用が3万円程度です。

対して私立高校の場合は、2万から5万円程度の入学金、授業料は18万円程度、その他にかかる費用に3万円程度かかります。

私立の方が割高になりやすいです。

ただし、私立はレポートの提出等に関してネットを使用したウェブサイトやメールでの提出が可能であったり、サポート体制が充実しているのが特徴です。

中にはサポート校などを利用しないと卒業が難しい人もいて、それらを使用して卒業を目指す場合、初年度に納入金に比較的かかり、50万から100万円くらいです。

入学金は5万から20万円程度かかり、授業料や行事ごとなどの為の費用が最大80万円程度かかります。

サポートを利用すると私立の全日制高校と同じくらいの金額になってしまいますね。

なので、できるだけ通信制高校だけで卒業を目指した方が比較的安く抑えられそうです。

公立は完全に自力で勉強して卒業を目指さないといけない高校が多いですが、私立はサポート体制のおかげで卒業率が高いので、私立を選んで卒業を目指す人も多いみたいです。